試し読みに図書館を活用する

図書館にちょくちょく行くようになった。今さらながら無料で本を借りられるありがたさに気づいたのだ。本屋と同じでぶらぶら歩いていると、Amazonのおすすめにはない興味を引く本が目に入ることもある。しかし紙の本は重いし、しおり挟むのも面倒だ。図書館で借りた本は返却期限もある。

紙の本を買わなくなって久しい。買う本はKindleばかりだ。やっぱりKindleのほうが持ち運びに便利だし、読む時も軽いほうがいい。読み返したいところをハイライトできるのも便利だ。

読みたいと思う本のほどんどは1500円以下で買える。紙の本よりKindle本の方が安いことも多い。ハズレの本を買ってしまったと思っても、初めて入ったお店の食事がおいしくなかった程度のことだと割り切ればいい。

・・・と思っていたのだけれど、先日5冊くらい立て続けにおもしろくない本に当たってしまい、さすがにお金を無駄にした気持ちになった🥲 そして図書館なら無料で試し読みできるありがたさを再認識したのだった。

よくよく考えてみれば、なにも図書館で借りた本を返却期限までに読み切らなければいけない、ということはないのだ。気に入った本は後で読み返せるようKindleに入れておいた方がいい。借りた本に線を引くわけにはいかないが、Kindleなら読み返したいポイントをハイライトできる。

なので借りてきた本を試し読み気分で読んで、おもしろかったらKindleで買えばいいのだ。図書館はこういうふうにも活用できる。50代近くになって今さらながら、図書館は支払った税金の有意義な回収手段だと気づいた。